アメリカ,中国,EU,イスラムの帝国的本質と統治構造!

ご訪問ありがとうございます。このブログではトランプ時代を迎えた世界の緊迫した情勢を「帝国」をキーワードに取り上げて様々な角度から分析しつつ、アメリカがアメリカファーストに走る状況下での戦後日本の総決算を筆頭に中国、中東、欧州の戦略の在り方を検討しようと試みております。このブログを通じて世界情勢や歴史に関する問題意識や知的好奇心を共有出来れば嬉しく思います・・・それではごゆっくりお過ごしください・・・

アメリカ大統領選挙の混迷とエスタブリッシュメントとトランプの死闘!

2020年アメリカ大統領選挙の攻防は、いよいよ決着に向けて本格的な闘いの様相を呈してきたようですが、現時点ではトランプ側が提訴乃至再集計を要求しているスイングステートを除いた選挙人獲得状況は232対2 …

周庭ら香港民主派収監の圧力の中で台湾独立を死守する蔡英文は習近平の最大の脅威!

周庭逮捕の衝撃の中で台湾独立を死守する蔡英文は習近平の最大の脅威という観点から、改革開放以来のこれまでの鄧小平が指示した経済重視・対西側協調路線を完全に逸脱し、中国共産党というよりもどちらかというと習 …

アジア,アフリカへの西洋の衝撃と植民地支配の正統化論理!

西欧列強がアジア・アフリカ諸国を植民地として支配しつつ、自国内では一定の民主主義的な体制を採用して、自国民への福祉の向上に努めたダブルスタンダードともいうべき「国民帝国」の在り様を検討する。 1.「国 …

儒教文化圏を超えた清朝極盛期の版図を統治する軍機処の役割!

儒教文化圏を超えた清朝極盛期の版図を統治する軍機処の役割についてですが、軍機処の後継として大国の中で新型コロナ感染拡大を最初に抑え込んだ事例として、都市封鎖=ロックダウンや外出禁止など各国からモデルに …

新皇帝習近平は康煕雍正乾隆時代の完璧な中華帝国支配を目指す!

新皇帝習近平は康煕雍正乾隆時代の完璧な中華帝国支配を目指すという観点から、自らの任期を撤廃し、あたかも中華皇帝の後継者のような立場となった習近平にとっての理想的なモデルとして、現在までその版図が維持さ …

辛亥革命後の国民党政権の帝国的秩序及び大一統維持への課題!

辛亥革命後にイギリスを筆頭とする植民地帝国の進出の中で脅威に晒されながらのヨチヨチ歩きともいうべき近代化を進める中華民国,国民党政権が帝国的秩序再建や中華大一統維持に向けて取り組む中での非常に困難な課 …

西洋の衝撃以前のイスラム世界秩序と中東文明の成り立ちの分析!

西洋の衝撃以前のイスラム世界秩序と中東文明の成り立ちの分析という観点から、西洋の衝撃に晒される以前のイスラム世界秩序や中東地域に根差した古代からの文明的な特質をイスラム以前の段階より分析し、ヨーロッパ …

トランプの大統領再選に向けたアメリカファースト,米中冷戦戦略!

新型コロナウィルスの感染拡大の中で、これまでの世界の趨勢からすれば、対策の中心的な役割を担うことが期待されたはずのアメリカは、本国が世界最大の感染者・犠牲者を抱える現状に沈みこむとともに、当にアメリカ …

トランプ大統領の背後のバノンのアメリカファースト路線の分析!

トランプ大統領が就任以来一貫して貫こうとしているアメリカファースト革命とレーニン主義,文化大革命,農民大反乱の類似性を検証していきたいと思います。 新型コロナウィルスが猖獗を極め、アメリカが最大の感染 …

皇帝支配と国民党、共産党の一党独裁を支える賢人専制の論理!

孫文による辛亥革命を起源に持つ国民党の中華民国や共産党の中華人民共和国の統治体制が、その実態としては辛亥革命以前の皇帝支配や儒家正統を信奉する統治体制と賢人専制という一点において本質的に同一の存在であ …

トランプ政権のメキシコ国境壁建設,米中貿易戦争,アメリカファースト路線は全てバノン主義の体現である!

新型コロナに直撃され、今や世界最大の感染者、犠牲者を抱える展開となってしまったアメリカですが、これまでの戦後の国際的な危機では必ず果たしてきたリーダーシップを全く果たそうとせず、当にモンロー主義的な閉 …

辛亥革命後の中国の特殊で非西欧的な近代化過程の困難さについて!

辛亥革命後の中国の特殊で非西欧的な近代化過程の困難さの背景には中華民国・国民党政府指導部の実力の問題以前に中国の特殊性が影響したことを、比較的順調だった西欧諸国の近代化との道筋の相違や中国の近代化過程 …

台湾,民進党,蔡英文総統の再選と民主的で安定した統治は中国共産党一党独裁の最大の敵である!

中国共産党からの過剰とも言える反発を撥ね退けて再選を果たした台湾の民進党・蔡英文総統と大陸中国の習近平体制の緊張関係は、今後ますます目が離せないものになりそうですが、ここでは「自由で公正な」選挙により …

日米地位協定とペリーが黒船で強要した不平等条約の類似性?

幕末の不平等条約は明治新政府の懸命な努力と国民の臥薪嘗胆の上に築かれた国力の充実の賜物として何とか平等互恵な形に改正に漕ぎ着けましたが、戦後の日本の真の国際的な地位はどこから見ても不平等条約としか言え …

皇帝支配の根拠たる天命の論理と資格なき皇帝を人民が排除する易姓革命の論理!

辛亥革命以前の清朝までの中華帝国の皇帝による支配の根拠として、天・天下・天子・天命の論理と暴虐で資格のない皇帝を人民が抵抗によって排除する易姓革命の論理を検討していきます。 1.近代以前の中華帝国の枠 …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

9,999人の購読者に加わりましょう