アメリカ,中国,EU,イスラムの帝国的本質と統治構造!

ご訪問ありがとうございます。このブログではトランプ時代を迎えた世界の緊迫した情勢を「帝国」をキーワードに取り上げて様々な角度から分析しつつ、アメリカがアメリカファーストに走る状況下での戦後日本の総決算を筆頭に中国、中東、欧州の戦略の在り方を検討しようと試みております。このブログを通じて世界情勢や歴史に関する問題意識や知的好奇心を共有出来れば嬉しく思います・・・それではごゆっくりお過ごしください・・・

戦後政治の第二の総決算に成功した安倍政権の延長線上に日本の未来を展望する!

戦後の保守政権の中でも安倍政権は少なくとも、その安定した長期政権ぶりだけでも評価できるところは多々ありますし、ビル・エモットらがかつて繰り返していたような異次元の金融緩和の効果の実験を断行して、バブル …

辛亥革命で中国が直面した近代国家建設の課題の分析!

辛亥革命で孫文やその後継者である蒋介石らが直面した近代国家建設の課題を中国特有の天下国家としての帝国的秩序の再現や外来文明への対応などの視点も踏まえ、イスラム世界帝国の近代化状況とも比較しながら分析を …

戦後日本の朝貢国的なアメリカへの従属関係を分析する!

戦後日本の朝貢国的なアメリカへの従属関係を分析する観点から、一見愛国的な安倍政権の背後に横たわる対米従属、朝貢外交的な姿勢の淵源とその害悪について検討していきます。 トランプ大統領ほどではありませんが …

毛沢東の文化大革命は国家機構の根底的な変革闘争か?!

毛沢東の文化大革命は国家機構の根底的な変革闘争か?という観点から、毛沢東が完成しつつあった人民中国の国家体制を文化大革命で根底から覆し、劉少奇や鄧小平を排除して国家を転覆させた目的は、単なる自らの復権 …

辛亥革命後の中国における支配正統性調達原理とは何か!

辛亥革命で皇帝専制や天下思想・儒家正統の伝統が崩壊した後に、近代国家としての中国において、指導者たちがその支配正統性をどのように調達してきたのか?!ということを、日本やドイツの近代化の過程とも比較しな …

天安門事件で走資派鄧小平は文革再現を恐れて改革派を弾圧した!

1949年に成立した中国の現体制にとって最大の黒星として刻印されている天安門事件(=天安門広場における武力行使)の一つの真相としては、走資派としての鄧小平が文化大革命のような大混乱の再現を恐れる一点で …

日本民主主義の危機と政権交代可能な責任政党確立の必要性!

誤解を恐れずに非常に大雑把に概括すれば、現在の安倍政権も日本会議?!などの超保守主義的な背景があるにせよ、やはり対米従属の朝貢的な国家体制を堅持する自民党政権のこれまでの行き方と大同小異であることは間 …

アメリカをウェストファリア型国民国家に変容させるトランプ路線!

アメリカをウェストファリア型国民国家に変容させるトランプ路線と言う観点から、近代の国民国家を規定するウェストファリア体制の枠組みを再確認しながら、トランプ大統領が推進するバノン主義=アメリカファースト …

ドイツはラストバタリオン予言を成就し最終勝利する?!

ドイツはラストバタリオン予言を成就し最終勝利する、という観点から新型コロナのパンデミックから英米の大混乱を尻目に、いち早く立ち直りを目指す状況も踏まえて、20世紀中に世界征服を目指して二度の世界大戦を …

西洋の衝撃がオスマン帝国崩壊とイスラム世界秩序解体に直結!

西洋の衝撃がオスマン帝国崩壊とイスラム世界秩序解体に直結したという観点から、西洋の衝撃の影響を受けたオスマン帝国における近代化の動きが、帝国の根底を揺るがす徹底的過ぎる改革で、明治維新のような伝統を維 …

中華帝国支配正統性根拠たる大一統,天下思想,儒家正統の解明!

辛亥革命以前に中華天下を支配してきた諸王朝が、その支配の正統性を調達し、その存立基盤として必要不可欠とななっていた根拠を構成する要素について検討していく過程で、中華天下を「帝国」として支配するための根 …

雍正帝が大義覚迷録で宣言した異民族統治政策!

トランプ大統領の移民政策は、アメリカの国論を分断し混乱を助長しつつも、アメリカファーストと言うトランプ自身の選挙公約の基本理念に照らせばテロや犯罪の増大・治安悪化の脅威の前では市民の安全安心のために必 …

プロイセンやナチスドイツが世界制覇に挑戦したのはなぜか?

ドイツは、現時点では欧州の主要国の一つでフランスと並んでEUをリードする地域大国である、というのが通り相場になっていますが、第二次世界大戦の惨敗までは世界の覇権を常に握ろうと狙うある意味では、超大国的 …

中華帝国大一統の原理を魏晋南北朝時代の混乱から解明!

中華帝国が始皇帝以来大一統を維持してきた必須要素としての大一統の4要件を金観濤の説を取り入れながら解明しつつ、大一統の典型的な例外であった魏晋南北朝時代の状況を分析して、大一統の本質的な要素とは何かを …

中外一体,華夷一家,大一統を雍正帝の大義覚迷録で検証!

アメリカ市民のための適切な国境管理やルールに従わない不法な侵入者への対策、無差別なテロの脅威への積極的な対処などの当たり前の施策の徹底に悪戦苦闘するトランプ大統領をはじめとして、現代にいたるまで異民族 …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

9,999人の購読者に加わりましょう