アメリカ,中国,EU,イスラムの帝国的性格の本質とその統治構造!

ご訪問ありがとうございます。このブログではトランプ時代を迎えた世界の緊迫した情勢を「帝国」をキーワードに取り上げて様々な角度から分析しつつ、アメリカがアメリカファーストに走る状況下での戦後日本の総決算を筆頭に中国、中東、欧州の戦略の在り方を検討しようと試みております。このブログを通じて世界情勢や歴史に関する問題意識や知的好奇心を共有出来れば嬉しく思います・・・それではごゆっくりお過ごしください・・・

「 西洋の衝撃と帝国の崩壊! 」 一覧

西洋の衝撃への対処の失敗がオスマン帝国崩壊=イスラム世界秩序解体に直結した!

西洋の衝撃の影響を受けて、急速に行われたオスマン帝国における近代化の動きは、帝国の根底を揺るがす徹底的過ぎる改革だったともいわれており、明治維新のように伝統を維持しつつ国家体制を変革することに失敗した …

西洋の衝撃で動揺するイスラム的世界秩序をイスラムの基本構造の視点から考察する!

西洋の衝撃を受けて崩壊した、とされるオスマン帝国が立脚していたイスラム的世界秩序について、イスラムの基本構造から分析し、近接するキリスト教との関連やイスラム世界における国際関係や民族と国家の関係の考え …

西洋の衝撃にさらされたオスマン帝国=イスラム世界秩序の崩壊過程を検証する!

大統領再選に向けて余念の無いトランプ大統領は、バイデン氏潰しの一貫で動く中で、逆にウクライナ関連の情報戦に巻き込まれ、遂には上院での弾劾裁判の場に引きずり出されていますが、このような民主党も交えた泥仕 …

西洋の衝撃で崩壊したオスマン帝国の西欧キリスト教世界との力関係の逆転過程と国家再建の取り組み!

中東情勢混迷の淵源は、西洋の衝撃でオスマン帝国=イスラム世界秩序が崩壊したことによると考えていますが、ここではオスマン帝国と西欧キリスト教世界の力関係の推移を辿りつつ、西欧キリスト教世界優位に力関係が …

西洋の衝撃で崩壊したイスラム世界秩序と中東文明の分析から現下の中東問題の本質を解明!

イラクからの米軍早期撤退を巡り対立するトランプ大統領とイランですが、イランは元々イスラム世界帝国として屹立していたオスマン帝国とは別個の存在としてシーア派の拠点として一方の雄であった過去がありました。 …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。