アメリカ,中国,EU,イスラムの帝国的性格の本質とその統治構造!

ご訪問ありがとうございます。このブログではトランプ時代を迎えた世界の緊迫した情勢を「帝国」をキーワードに取り上げて様々な角度から分析しつつ、アメリカがアメリカファーストに走る状況下での戦後日本の総決算を筆頭に中国、中東、欧州の戦略の在り方を検討しようと試みております。このブログを通じて世界情勢や歴史に関する問題意識や知的好奇心を共有出来れば嬉しく思います・・・それではごゆっくりお過ごしください・・・

「 ラストバタリオン予言! 」 一覧

ラストバタリオン予言とトランプ大統領のバノン主義的国家戦略の背景にあるアメリカの弱体化の真相!

民主党の党利党略が見え見えで、到底政権を揺るがすとは考えられなかったウクライナ疑惑を巡る弾劾裁判もモルモン教徒と言われるロムニー議員の造反?はあったものの、問題なく上院での無罪の評決を勝ち取り、既によ …

トランプ大統領はバノン主義のアメリカファースト,米中冷戦路線の強行で大統領再選に向けて邁進する!

実はレーガン大統領の業績に憧れていると言われているトランプ大統領は、先年突如としてこれまで不倶戴天の敵と見做されていた金正恩との電撃的な首脳会談を実現するという離れ業を演じましたが、政権運営の根本のと …

ウェストファリア体制下の国民国家へのアメリカの変容を目指すトランプ大統領のバノン主義=アメリカファースト路線!

近代の国民国家を規定するウェストファリア体制の枠組みを再確認しながら、トランプ大統領が推進するバノン主義=アメリカファーストの影響で、これまでは単なる国民国家というよりも理想主義的、脱国民国家的、ある …

ドイツはラストバタリオン予言を成就し二度の世界大戦敗戦を乗り越え最終勝利する?!

2017年9月の選挙では、中東からの移民の受け入れなどに端を発したドイツ国民の反発もあり、極右反移民のポピュリスト政党AFD(ドイツのための選択肢)に躍進を許し、メルケル首相も予想以上に大幅に議席を減 …

プロイセンからヒトラーのナチスに至るドイツ帝国が世界制覇に挑戦した経緯を探る!

ドイツは、現時点では欧州の主要国の一つでフランスと並んでEUをリードする地域大国である、というのが通り相場になっていますが、第二次世界大戦の惨敗までは世界の覇権を常に握ろうと狙うある意味では、超大国的 …

トランプのメキシコ国境壁建設、米中貿易戦争、アメリカファースト路線はバノン主義の体現である!

トランプ大統領は、今や政権を揺るがすかに観えるウクライナ疑惑も含めて、次々に暴露される政権内幕情報を再選に向けた炎上商法のネタとして最大限活用しつつあるようですが、これまでのトランプ政権の動きをトレー …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。