アメリカ,中国,EU,イスラムの帝国的本質と統治構造!

ご訪問ありがとうございます。このブログではトランプ時代を迎えた世界の緊迫した情勢を「帝国」をキーワードに取り上げて様々な角度から分析しつつ、アメリカがアメリカファーストに走る状況下での戦後日本の総決算を筆頭に中国、中東、欧州の戦略の在り方を検討しようと試みております。このブログを通じて世界情勢や歴史に関する問題意識や知的好奇心を共有出来れば嬉しく思います・・・それではごゆっくりお過ごしください・・・

ドイツはラストバタリオン予言を成就し最終勝利する?!

ドイツはラストバタリオン予言を成就し最終勝利する、という観点から新型コロナのパンデミックから英米の大混乱を尻目に、いち早く立ち直りを目指す状況も踏まえて、20世紀中に世界征服を目指して二度の世界大戦を闘い、軍事力や科学力等で世界最強レベルだったにも関わらず、二度とも脆くも敗退した過去を払拭し、戦後七十五年を経て、ヒトラーのラストバタリオン予言を成就するかのようにドイツがイギリス,アメリカを置き去りにしつつ着々とヨーロッパを支配し、最終勝利しつつある状況を分析してみました。

1.「強者の自制」の欠如がもたらす歴史的な敗北
 1)ドイツが二度の世界大戦で敗北した要因の分析
 2)「強者の自制」の演者がイギリス、アメリカからドイツに移行
2.総括・2017年G7直後のメルケルのミュンヘン宣言の歴史的重大性

1.「強者の自制」の欠如がもたらす歴史的な敗北

1)ドイツが二度の世界大戦で敗北した要因の分析

歴史の流れを観察していて以前から感じているのですが、アングロサクソン国家や中国は、基本的な戦略思想の根底にビスマルクがナポレオンの言行から導き出したとも言われる「強者の自制」という教訓を常に意識しているのではないか、と思われます。
すなわちイギリスやアメリカは、この200年間ほど、中国に至ってはより長いタイムレンジで、「世界の覇権や天下を支配する実権を握り続けきた」ことが間違いなく歴史的な事実だと思われますが、彼らの戦略の根底に、どんな無茶なことでも実行するパワーを持ちながらも、一定の自制の精神を発揮することで、それなりに安定した国際秩序を維持して来れたのではないか、と認識しています。

翻って、ドイツは第一次世界大戦、第二次世界大戦において、「強者の自制」の精神を発揮出来ていたでしょうか?!
もっと遡れば、たとえ世界強国になったとしても、その瞬間に直ちに世界制覇を目指してしまって良かったのでしょうか?
どう考えても、そんな行き方が正解だったとは言えないでしょう。

私の見立てでは、やはりドイツが、これまで科学力や技術力で世界最強レベルをキープし、二度も世界征服を目指す戦いを展開し、かなりいい線まで到達しながら、どうしても世界覇権国の座に手が届かなかったのは、「強者の自制」を発揮出来なかったことに尽きる、ような気がするところです。

世界戦争における勝敗のカギは、戦力差や戦術差、戦略差もさることながら、圧勝を積み重ねた段階でどこまで「自制の精神」を発揮し、周辺国家群の支持を結集出来たかにあった、という気がしています。

2)「強者の自制」の演者がイギリス、アメリカからドイツに移行

ちなみに、第二次世界大戦後のドイツは、戦争の痛手の大きさもあったかと思われますが、三度目の世界戦争に邁進するような暴挙とは無縁の非常に慎重で丁寧な政治活動に終始してきた印象があります。

翻って2016年の欧州情勢に関しては、難民問題以上にショッキングな出来事として、イギリスのEU離脱国民投票がありました。
この時のイギリスのデイビット・キャメロン首相兼保守党党首は、あたかもウィルヘルム二世やヒトラーが世界大戦に打って出た時と似たような気分で、自分の信念に基づき未来への確信に満ち満ちて、英国の今後の命運や自分の政治生命を賭けてまで、敢えて本来は必要不可欠だったかどうかわからない国民投票を選択して敗北した、と認識しています。

イギリスでは、その後2017年4月に任期を3年も残し、選挙前の時点で過半数を確保しているにも関わらず、前倒しで総選挙を実施して圧勝し、より多くの議席を確保して強力な政権基盤を背景にEU離脱交渉を有利に遂行しようとしたテリーザ・メイ首相が、蓋を開けてみれば結果的には保守党の議席が10議席以上も減ることで、過半数割れに追い込まれてしまいました。メイ首相の賭けは失敗に終わり、キャメロン前首相の賭けに続いて、またもやイギリスは階段を転がり落ちるスピードを増した印象で混乱と奈落へまっしぐら?な雰囲気すら出てきています。

さらにアメリカでは、自制の精神とは対極の精神構造の持ち主を中核メンバに結集した、トランプ政権が発足しました。トランプ政権では、コミーFBI長官の解任を巡ってロシアの大統領選挙への介入とトランプ陣営との関りが益々問題とされ、メイ首相が賭けに敗北した総選挙の投開票日である2017年6月8日同日にコミー前FBI長官への上院での議会証言が行われ、コミー氏はトランプ大統領による自らの解任やフリン前補佐官捜査中止要請、忠誠明言要求などについて述べ、トランプ大統領と自分との二人だけの会話メモを第三者で友人であるコロンビア大学教授と共有し、「録音テープがあるというトランプ陣営の発言通りであれば公表してほしい、本件メモの存在と外部への展開が特別捜査官の設置に直結すると考えていた」と述べるなどトランプ政権を巡る混乱も一層深まっています。ちなみに、トランプ政権内ではロシアゲートの進展に伴い本件に関与していたとみられるクシュナー氏が失脚しつつあり、ロシアンゲートに無関係とみられるレーニン主義者で毛沢東の文化大革命に郷愁を抱くバノン氏が復権してパリ協定離脱を主導したとも言われています。

このようなアメリカ、イギリスの混乱した状況を観察していて気付かされるのは、先の第二次世界大戦までは、統治者が賭けに頼るのはドイツ側が専門で、自制の精神を備えた統治者は英米側の専売特許だったのが、戦後70年を経た現代においては自制の精神を備えた統治者の本場はドイツ側で、賭けに頼るのが英米側というように、統治者の方向性が完全に入れ替わってしまっていることです。

2.総括・2017年G7直後のメルケルのミュンヘン宣言の歴史的重大性

このような情勢を踏まえてヨーロッパの状況を振り返ればドイツは、ベルリンの壁崩壊、東欧革命、ドイツ統一、ソ連邦崩壊、EUの東方拡大、南欧諸国の経済危機、中東からの難民受け入れ、などの節目節目で存在感を増大させ、いつの間にかEU内での覇権国の地位を確保するに至ったように見受けられます。

先の二度の世界戦争の敗北も踏まえてドイツは、遂に三度目の正直で「石橋を叩いても叩いてもなかなか渡らない」「自制の精神」に満ち満ちたアンゲラ・メルケルという、エカチェリーナ二世を模範として仰ぐ傑出した指導者を得て、かつてウィルヘルム二世やアドルフ・ヒトラーが武力では成し遂げられなかった、欧州制覇という高みに手が届きそうなところまで到達した気もする、昨今のヨーロッパ情勢とも言えましょうか。

これらの状況も踏まえつつ、2017年5月のG7直後にミュンヘンのビアホールで支持者を前に、ドイツのメルケル首相がいつになく明確に、「もはやアメリカ、イギリスに完全に頼れる時代は終わった。ヨーロッパ(ドイツ?)は運命を自分たちの手で勝ち取らなければならない新しい歴史の段階に入った。私は今回のG7でそのことを痛感した」と述べました。
この演説を聴いた支持者達の拍手は、一分間ほど鳴り止まなかったということですが、ミュンヘン宣言はよほどドイツ人の心に響いた、ということになるんでしょうか。
メルケル首相は、その後もことあるごとに、このような論旨を繰り返しているということですが、これは本質的にはベルリンの壁崩壊、ソ連崩壊で東側からの掣肘がなくなってからも引きずっていた第二次世界大戦の残滓について、いずれも不安定な基盤の上で混乱した政権運営を重ねるアメリカのトランプ大統領、イギリスのメイ首相らと直接G7の首脳会談の席で対峙した結果を踏まえて、メルケル首相が事実上「もはや72年間も続いた、異様に長かった第二次世界大戦の戦後は完全に終わった。我々は自分たちのフリーハンドで我が道を行く」との自己主張を開始した、ということになるのではないでしょうか。
まさに目に見えないところで、ヒトラーの予言していたラストバタリオン的な力が働き最終勝利はドイツが握ることになるんでしょうか?!

尚、トランプ政権に対峙する日本とドイツの本質的な立場の相違については、以下のリンクもご参照ください。
小池新党に怯え,前倒し総選挙を目指す安倍首相のトランプ大統領への朝貢的対米従属の淵源に迫る!
トランプのアメリカファースト密着の朝貢的対米従属でドンシン関係を目指す安倍首相の前倒し総選挙はメイ首相の二の舞か?

-ラストバタリオン予言!
-, , , , , , ,

関連記事

アメリカをウェストファリア型国民国家に変容させるトランプ路線!

アメリカをウェストファリア型国民国家に変容させるトランプ路線と言う観点から、近代の国民国家を規定するウェストファリア体制の枠組みを再確認しながら、トランプ大統領が推進するバノン主義=アメリカファースト …

プロイセンやナチスドイツが世界制覇に挑戦したのはなぜか?

ドイツは、現時点では欧州の主要国の一つでフランスと並んでEUをリードする地域大国である、というのが通り相場になっていますが、第二次世界大戦の惨敗までは世界の覇権を常に握ろうと狙うある意味では、超大国的 …

ラストバタリオン予言とトランプのバノン主義的国家戦略の謎!

ラストバタリオン予言とトランプのバノン主義的国家戦略の謎という観点でトランプ政権の分析を進めていますが、中国の洞窟に巣食う蝙蝠が武漢の市場で取引された家畜に新型コロナを感染させ、それが全世界に瞬く間に …

トランプの大統領再選に向けたアメリカファースト,米中冷戦戦略!

新型コロナウィルスの感染拡大の中で、これまでの世界の趨勢からすれば、対策の中心的な役割を担うことが期待されたはずのアメリカは、本国が世界最大の感染者・犠牲者を抱える現状に沈みこむとともに、当にアメリカ …

トランプ政権のメキシコ国境壁建設,米中貿易戦争,アメリカファースト路線は全てバノン主義の体現である!

新型コロナに直撃され、今や世界最大の感染者、犠牲者を抱える展開となってしまったアメリカですが、これまでの戦後の国際的な危機では必ず果たしてきたリーダーシップを全く果たそうとせず、当にモンロー主義的な閉 …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

9,999人の購読者に加わりましょう