アメリカ,中国,ドイツ,オスマンの帝国性の本質とその統治構造の研究!

ご訪問ありがとうございます。このブログではトランプ時代を迎えた世界の緊迫した情勢を「帝国」をキーワードに取り上げて様々な角度から分析しつつ、アメリカがアメリカファーストに走る状況下での戦後日本の総決算を筆頭に中国、中東、欧州の戦略の在り方を検討しようと試みております。このブログを通じて世界情勢や歴史に関する問題意識や知的好奇心を共有出来れば嬉しく思います・・・それではごゆっくりお過ごしください・・・

*

近代以前の中華帝国の枠組みとしての天下、天子=皇帝、人民、易姓革命の概念を検討する!

辛亥革命以前の清朝末期までの中華帝国の存立基盤を天、天下、天子=皇帝、人民、易姓 …

西洋の衝撃=西欧によるアジア,アフリカへの侵略と植民地化の進行を帝国主義=国民帝国の論理から解明!

「帝国」に関する諸類型のうち、西欧における国民国家の成立から西欧内部への民主的先 …

台湾の民主主義体制の成功は、西側先進国の民主化圧力以上に中国共産党にとっての脅威である!

「中華民族の国家」として史上初めて完全に民主化を達成した台湾が、中華帝国以来の専 …

毛沢東が国共内戦で蒋介石に勝利した時点で放置されていた課題と中国共産党の対応の検討!

中国における変革は当然ながら、国共内戦で共産党が勝利した時点では、何も解決してい …

安倍自民党のトランプ大統領一辺倒の政策は世界的には独自性があり戦略的で誇るべきものなのか?

自主独立の精神を欠きアメリカ帝国内での安寧ファーストで対米従属最優先の朝貢的な差 …

孫文,蒋介石,国民党政府が目指した中国の近代化,国民国家建設,中華大一統,帝国的秩序再建の行方!

辛亥革命後に成立した中華民国の国民党政府が一貫して目指していた中国の近代化、西欧 …

トランプ大統領向けアメリカファーストの属国状況を抜け出すための日本の国家戦略!

桜をみる会の私物化疑惑や、かつてのモリカケ疑惑や延々と相次ぐ閣僚、議員の失言暴言 …

トランプ大統領の背後で暗躍するレーニン主義者=バノンのアメリカファースト路線の分析!

トランプ大統領が就任以来一貫して貫こうとしているアメリカファースト革命とレーニン …

ラストバタリオン予言とトランプ大統領のバノン主義的国家戦略の背景にあるアメリカの弱体化の真相!

発足当初からトランプ政権の足枷となっていたモラー特別捜査官のロシア疑惑捜査は既に …

トランプ大統領は米中冷戦、西側同盟解体=バノン主義=アメリカファースト路線と毛沢東的な人民独裁手法で大統領再選を目指す!

実はレーガン大統領の業績に憧れていると言われているトランプ大統領は、先年突如とし …

毛沢東の文化大革命は復権のためだけでなく王朝崩壊時の農民大反乱を再現した国家大改革である!

毛沢東が完成しつつあった人民中国の国家体制を文化大革命で根底から覆し、劉少奇や鄧 …

天安門事件に至る文革再現への走資派鄧小平の警戒感と改革開放を牽制する保守派の共闘!

現代中国の最大の汚点ともみ見做されている天安門事件(=天安門広場における武力行使 …

辛亥革命後の中国の近代国家建設における皇帝専制,儒教正統に替わる支配正統性調達原理!

中国における近代化の特殊性や中国と日本、ドイツの近代化過程の比較及び中国における …

ウェストファリア型の国民国家の概念とトランプ大統領のバノン主義=アメリカファースト路線による理念型国家アメリカ改編!

トランプ以前のアメリカでは、どちらかというと理想主義的、脱国民国家的、あるいは普 …

ドイツは二度の世界大戦敗退を踏まえた強者の自制により欧州支配を実現するのか?

2017年9月の選挙では、大方の予想に反して極右反移民のポピュリスト政党AFD( …