広告
中華大一統の本質!

中国共産党統治が崩壊したら魏晋南北朝時代の再現にまで至るのか?!

大一統崩壊期の魏晋南北朝時代の統治構造の分析することで、秦・始皇帝の天下統一以来の中華領域における統一国家としての王朝の特徴は、基本的に「大一統」を実現しているか、少なくとも「大一統」を目指していたが、なかでも実際に「大一統」を実現していた...
トランプ復活の道程!

トランプのTwitterアカウント永久凍結とその波紋(2021/1/9~2021/1/13)

☆本稿は他のコンテンツと異なり、アメリカ大統領選挙の2021/1/9~2021/1/13にかけての混迷状況を時系列に記載しております。 遂にトランプTwitterアカウント永久凍結?!大統領の座を奪う陰謀の根拠地は?!-2021/...
西洋の衝撃と帝国の崩壊!

西洋の衝撃=オスマン帝国vs欧州のパワーバランスの逆転!

中東情勢混迷の淵源は、西洋の衝撃でオスマン帝国=イスラム世界秩序が崩壊し、植民地帝国の論理で中東地域が分断されることで混乱の種が撒かれたことによると考えていますが、ここではオスマン帝国と西欧キリスト教世界の力関係の推移を辿りつつ、西欧キリス...
広告
大清帝国の究極的理想!

清朝極盛期のチベット,新疆への版図拡大とその目的!

アメリカとの新冷戦に突入した習近平が、中国の基本的な戦略構想として邁進している「一帯一路」という方針は、かつて清朝極盛期に乾隆帝が推進したチベット、新疆への征服・侵略活動と酷似したほぼ延長線上にある政策、と認識していますが、ここではそのよう...
参政党の主張とは!

参政党も主張する独自の戦略によるアメリカとの関係再構築と日本防衛の原理!

2022年7月の参議院選挙で参政党も主張していた日本独自の防衛力の整備とアメリカとの関係の健全な意味での再構築とための原理というのは、やはり在日米軍の扱いや日米安全保障条約の不平等な部分の全面見直しが必須になるのではないでしょうか。 ...
参政党の主張とは!

参政党は日本版トランプ=ナショナリストとして日本を取り戻せるのか?!

2022年の参議院選挙で急速に支持を伸ばした参政党は、その選挙期間中に凶弾に倒れた安倍晋三元首相にナショナリストとしての立場から共感を抱いているようです。 しかし、参政党も主張するように長期にわたる安倍政権でも結局日本は取り戻せなかっ...
参政党の主張とは!

参政党の主張は「戦後体制脱却」を目指した三島由紀夫と重なるのか?!

2022年7月の参議院選挙では二つの重大な政治的な変化の予兆が明確になりました。 一つ目は言うまでもなく安倍晋三元首相の暗殺事件ですが、その衝撃が大きく若干インパクトが拡散したところもあったかもしれませんが、もう一つの注目点は参政党の...
参政党の主張とは!

参政党が問題視する戦後日本のアメリカへの従属一辺倒の対外関係を分析する!

参政党の主張する日本の対米従属の現状と戦後保守体制の問題点について検討していきます。 参政党がこれまでの政党と明確に一線を画するのは、日米関係も含めて戦後政治の総決算を構想しようとしているように見えるところですが、戦後日本の朝貢国的な...
参政党の主張とは!

参政党の出現が民主主義を崩す市民の無関心と責任野党の不在を止めるか!

2022年の参議院選挙がこのところの閉塞感の漂う国政選挙と若干様相を異にしていたのは、やはり参政党が特にネット空間で一定の存在感を示し、かなりの熱狂的な支持を集めたことでしょうか・・・ 今のところ2017年10月段階の枝野幸男の立憲民主党...
文化大革命の本質!

習近平は毛沢東文革路線と劉少奇・鄧小平の改革開放路線のどちらを選ぶのか?

毛沢東の文革路線と鄧小平の改革開放路線の相克についてですが、国家主席の任期撤廃という禁じ手を放った習近平は、このところ文化大革命で毛沢東が目指した理想主義を解き放ちつつあるようにも見かけられます。その延長線上には権力者や企業経営者にとって腐...
トランプ復活の道程!

アメリカ議会への暴徒乱入とトランプの再選戦略のプランBへの移行(2020/12/30~2021/1/9)

☆本稿は他のコンテンツと異なり、アメリカ大統領選挙の2020/11/20~2020/12/02にかけての混迷状況を時系列に記載しております。 シドニー・パウエルの不正選挙リポートと全米最高IQを誇る人物の危機発生予言!-2020/...
台湾民主化の衝撃!

台湾独立を死守する蔡英文は文革路線の習近平の最大の脅威か?

台湾独立を死守する蔡英文は文革路線に舵を切った習近平の最大の脅威という観点から、改革開放以来のこれまでの鄧小平が指示した経済重視・対西側協調路線を完全に逸脱し、中国共産党というよりもどちらかというと習近平の私党と化したかのような体制翼賛的な...
国民帝国による支配!

アジア,アフリカへの西洋の衝撃の影響と植民地支配の正統化論理!

西欧列強がアジア・アフリカ諸国を植民地として支配しつつ、自国内では一定の民主主義的な体制を採用して、自国民への福祉の向上に努めたダブルスタンダードともいうべき「国民帝国」の在り様を検討する。 「国民帝国」の理念と内部構造...
大清帝国の究極的理想!

漢族領域・儒教文化圏を超えた清朝極盛期の最大版図を統治する軍機処!

儒教文化圏を超えた清朝極盛期の版図を統治する軍機処の役割についてですが、軍機処の後継として大国の中で新型コロナ感染拡大を最初に抑え込んだ事例として、都市封鎖=ロックダウンや外出禁止など各国からモデルにされつつある中国の体制は、市民から遊離し...
辛亥革命の遺産!

辛亥革命後に帝国的秩序維持を担った国民党政権の天下大一統に向けての課題!

辛亥革命後にイギリスを筆頭とする植民地帝国の進出の中で脅威に晒されながらのヨチヨチ歩きともいうべき近代化を進める中華民国,国民党政権が帝国的秩序再建や中華大一統維持に向けて取り組む中での非常に困難な課題について検討していきます。 ...
広告
タイトルとURLをコピーしました