帝国性の本質とその統治構造の研究!

トランプ時代を迎えた世界の緊迫した情勢を帝国をキーワードに把握し、世界及び日本の在り方を包括的に検討し、アメリカがアメリカファーストに走る状況下での日本、中国、中東、欧州の対応を構想する。 

*

台湾の中華民族による民主主義体制の成功は、中国共産党一党独裁体制の存在理由を否定する脅威である!

「中華民族の国家」として史上初めて民主化した台湾が帝国的な一党独裁の支配体制を継 …

Please follow and like us:

西洋の衝撃で崩壊したオスマン帝国が確立していたイスラム世界秩序をトランプ政権は再建可能か?

トランプ政権は、エルサレム首都承認をいち早く宣言する中で、中東情勢混迷の淵源たる …

Please follow and like us:

西洋の衝撃=西欧によるアジア,アフリカへの侵略と植民地化の進行を帝国主義=国民帝国の論理から解明!

「帝国」に関する諸類型のうち、西欧における国民国家の成立から西欧内部と西欧外部の …

Please follow and like us:

毛沢東が国共内戦で蒋介石に勝利した中国の共産党一党独裁による社会主義革命開始時点の課題の解明!

毛沢東が、国共内戦で蒋介石に勝利した時点で「中国における社会主義革命」で直面した …

Please follow and like us:

安倍自民党のトランプ大統領一辺倒の政策は世界的には独自性があり戦略的で誇るべきものなのか?

自主独立の精神を欠きアメリカ帝国内での安寧ファーストで対米従属最優先のドナルド・ …

Please follow and like us: