広告
西洋の衝撃と帝国の崩壊!

西洋の衝撃到来前のイスラム世界秩序と中東文明の成り立ちの分析!

西洋の衝撃以前のイスラム世界秩序と中東文明の成り立ちの分析という観点から、西洋の衝撃に晒される以前のイスラム世界秩序や中東地域に根差した古代からの文明的な特質をイスラム以前の段階より分析し、ヨーロッパ文明とイスラム文明の根本的な相違やイスラ...
文化大革命の本質!

トランプ大統領を今も支えるバノンのアメリカファースト路線の分析!

トランプ大統領が就任以来一貫して貫こうとしているアメリカファースト革命とレーニン主義,文化大革命,農民大反乱の類似性を検証していきたいと思います。 新型コロナウィルスが猖獗を極め、アメリカが最大の感染者、犠牲者を抱える状況となりました...
台湾民主化の衝撃!

国民党,共産党の一党独裁を支える皇帝支配以来の儒家的賢人統治の伝統!

孫文による辛亥革命を起源に持つ国民党の中華民国や共産党の中華人民共和国の統治体制が、その実態としては辛亥革命以前の皇帝支配や儒家正統を信奉する統治体制と賢人専制という一点において本質的に同一の存在であったことを検証していきます。 ...
ラストバタリオン出現!

トランプの移民政策,米中対決,アメリカファーストはバノン主義である!

新型コロナに直撃され、今や世界最大の感染者、犠牲者を抱える展開となってしまったアメリカですが、これまでの戦後の国際的な危機では必ず果たしてきたリーダーシップを全く果たそうとせず、当にモンロー主義的な閉鎖的孤立主義を貫き通すようです。 これ...
辛亥革命の遺産!

辛亥革命後の中国の非西欧的で特殊な近代化過程の困難さ!

辛亥革命後の中国の特殊で非西欧的な近代化過程の困難さの背景には中華民国・国民党政府指導部の実力の問題以前に中国の特殊性が影響したことを、比較的順調だった西欧諸国の近代化との道筋の相違や中国の近代化過程における文化大革命の意義等も踏まえながら...
台湾民主化の衝撃!

台湾,蔡英文総統の民主的で安定した統治は中国共産党独裁体制の脅威!

中国共産党からの過剰とも言える反発を撥ね退けて再選を果たした台湾の民進党・蔡英文総統と大陸中国の習近平体制の緊張関係は、今後ますます目が離せないものになりそうですが、ここでは「自由で公正な」選挙により民進党から総統が選出される道筋をつけて、...
トランプ復活の道程!

バイデンの大統領就任とトランプのホワイトハウスからの撤退(2021/1/21~2021/5/15)

☆本稿は他のコンテンツと異なり、アメリカ大統領選挙の2021/1/21~2021/5/15にかけての混迷状況を時系列に記載しております。 空洞化したナショナル・モールと空虚な式典-2021/1/21追記 ともかく、トランプが...
戦後日本の原理!

日米地位協定と日米修好通商条約は類似した不平等条約である!

幕末の不平等条約は明治新政府の懸命な努力と国民の臥薪嘗胆の上に築かれた国力の充実の賜物として何とか平等互恵な形に改正に漕ぎ着けましたが、戦後の日本の真の国際的な地位はどこから見ても不平等条約としか言えない日米安保条約=日米地位協定の枠組みの...
辛亥革命の遺産!

皇帝支配=天命の論理と人民の皇帝排除=易姓革命の論理!

辛亥革命以前の清朝までの中華帝国の皇帝による支配の根拠として、天・天下・天子・天命の論理と暴虐で資格のない皇帝を人民が抵抗によって排除する易姓革命の論理を検討していきます。 近代以前の中華帝国の枠組み 帝国の権威の源...
天安門事件の実相!

天安門事件の鎮圧は鄧小平の文革状況への恐怖により過激化した!

1949年に成立した中国の現体制にとって最大の黒星として刻印されている天安門事件(=天安門広場における武力行使)の一つの真相としては、走資派としての鄧小平が文化大革命のような大混乱の再現を恐れる一点で、改革開放を牽制し趙紫陽らの失脚を狙う保...
天安門事件の実相!

文革恐怖症の走資派改革派鄧小平が断行した天安門事件武力弾圧の論理!

天安門事件で鄧小平が決断した武力弾圧の背景には、文化大革命の混乱で中国全土が信じられないような大混乱と停滞に見舞われた状況の再現を絶対に阻止しようとの不退転の決意が見て取れるのではないか、と想定されます。 そういうことも踏まえて、ここでは...
天安門事件の実相!

天安門事件で鄧小平が改革開放路線を切り体制死守に走った論理!

天安門事件で鄧小平が改革開放路線を後退させた体制死守の論理という観点から、天安門事件という体制の危機に直面して鄧小平は、自ら側近中の側近である胡耀邦、趙紫陽と言う「改革開放」のシンボルを葬り去り、文革を毛嫌いする保守派長老の陳雲らと連携して...
国民帝国による支配!

西洋の衝撃としての西欧によるアジア,アフリカの植民地化を国民帝国概念で解明!

「帝国」に関する諸類型のうち、西欧列強のアジア・アフリカに対する侵略と植民地支配の主体となった「国民帝国」について、西欧における国民国家の成立から西欧内部への民主的先進的な規範と西欧外部への暴力的で圧政的な規範のダブルスタンダードを基調とす...
広告
タイトルとURLをコピーしました