アメリカ,中国,EU,イスラムの帝国的本質と統治構造!

ご訪問ありがとうございます。このブログではトランプ時代を迎えた世界の緊迫した情勢を「帝国」をキーワードに取り上げて様々な角度から分析しつつ、アメリカがアメリカファーストに走る状況下での戦後日本の総決算を筆頭に中国、中東、欧州の戦略の在り方を検討しようと試みております。このブログを通じて世界情勢や歴史に関する問題意識や知的好奇心を共有出来れば嬉しく思います・・・それではごゆっくりお過ごしください・・・

皇帝支配の根拠たる天命の論理と資格なき皇帝を人民が排除する易姓革命の論理!

辛亥革命以前の清朝までの中華帝国の皇帝による支配の根拠として、天・天下・天子・天命の論理と暴虐で資格のない皇帝を人民が抵抗によって排除する易姓革命の論理を検討していきます。 1.近代以前の中華帝国の枠 …

西洋の衝撃=西欧によるアジア,アフリカへの侵略と植民地化を国民帝国のメカニズムから解明!

「帝国」に関する諸類型のうち、西欧列強のアジア・アフリカに対する侵略と植民地支配の主体となった「国民帝国」について、西欧における国民国家の成立から西欧内部への民主的先進的な規範と西欧外部への暴力的で圧 …

台湾独立を死守する蔡英文総統と民主主義体制は中国共産党の最大の脅威である!

「中華民族の国家」として史上初めて完全に民主化を達成した台湾が、中華帝国以来の専制的な独裁による支配体制を堅持する中国共産党の絶対的な権威に与える破壊的なインパクトは、西側先進国からの民主化圧力よりも …

辛亥革命以来の中国近代化の特殊性とその課題、解決策の検討!

辛亥革命以来課題として認識されながらも国民党政権の支配する中華民国時代には先送りされた中国における変革課題は、中国共産党が国共内戦に勝利すると直ちに切実な課題として取り組まざるを得なくなってきます。 …

戦後政治の第二の総決算に成功した安倍政権の延長線上に日本の未来を展望する!

戦後の保守政権の中でも安倍政権は少なくとも、その安定した長期政権ぶりだけでも評価できるところは多々ありますし、ビル・エモットらがかつて繰り返していたような異次元の金融緩和の効果の実験を断行して、バブル …

辛亥革命で中国が直面した近代国家建設の課題の分析!

辛亥革命で孫文やその後継者である蒋介石らが直面した近代国家建設の課題を中国特有の天下国家としての帝国的秩序の再現や外来文明への対応などの視点も踏まえ、イスラム世界帝国の近代化状況とも比較しながら分析を …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

9,999人の購読者に加わりましょう