X

ヒトラー

毛沢東の文化大革命路線とトランプのアメリカファーストの比較!

毛沢東の文化大革命路線とトランプのアメリカファーストの類似という観点から、トランプ大統領が標榜し、共和党のコアな支持層にも熱狂的に受け容れられているアメリカファースト路線は、実は毛沢東による人民ファースト路線=文化大革命に至る方向性との奇妙なほどの類似点が見え隠れする様を分析し、トランプ政権が真に目…

トランプ政権のメキシコ国境壁建設,米中貿易戦争,アメリカファースト路線はバノン主義である!

新型コロナに直撃され、今や世界最大の感染者、犠牲者を抱える展開となってしまったアメリカですが、これまでの戦後の国際的な危機では必ず果たしてきたリーダーシップを全く果たそうとせず、当にモンロー主義的な閉鎖的孤立主義を貫き通すようです。 これは、トランプ的には選挙公約通りであり、バノン流のアメリカファー…

ラストバタリオン予言とトランプの反エスタブリッシュメント国家戦略!

トランプ大統領は、就任以来アメリカの分断を助長し、特にリベラル派やマスコミの神経を逆撫でするような言動を故意に強調してきたような節がありますが、南軍のリー将軍像撤去をめぐる混乱に関して、アメリカの政治指導者が避けてきた白人至上主義に同情的で、リベラルなデモ隊と白人至上主義団体を同列視するようなコメン…

戦後政治の第二の総決算に成功した安倍政権の延長線上に日本の未来を展望する!

戦後の保守政権の中でも安倍政権は少なくとも、その安定した長期政権ぶりだけでも評価できるところは多々ありますし、ビル・エモットらがかつて繰り返していたような異次元の金融緩和の効果の実験を断行して、バブル崩壊以来のデフレ的な旧弊を一掃しようとした果断な姿勢は、どこからどう見ても決断と実行の政治を実現して…

アメリカをウェストファリア型国民国家に変容させるトランプ路線!

アメリカをウェストファリア型国民国家に変容させるトランプ路線と言う観点から、近代の国民国家を規定するウェストファリア体制の枠組みを再確認しながら、トランプ大統領が推進するバノン主義=アメリカファーストの影響で、これまでは単なる国民国家というよりも理想主義的、脱国民国家的、あるいは普遍的な価値観をベー…

プロイセンやナチスドイツが世界制覇に挑戦したのはなぜか?

ドイツは、現時点では欧州の主要国の一つでフランスと並んでEUをリードする地域大国である、というのが通り相場になっていますが、第二次世界大戦の惨敗までは世界の覇権を常に握ろうと狙うある意味では、超大国的な存在であったと言えるでしょう。 現在で言えば、アメリカの覇権を常に脅かす存在として蠢いているロシア…