アメリカ,中国,ドイツ,オスマンの帝国性の本質とその統治構造の研究!

ご訪問ありがとうございます。このブログではトランプ時代を迎えた世界の緊迫した情勢を「帝国」をキーワードに取り上げて様々な角度から分析しつつ、アメリカがアメリカファーストに走る状況下での戦後日本の総決算を筆頭に中国、中東、欧州の戦略の在り方を検討しようと試みております。このブログを通じて世界情勢や歴史に関する問題意識や知的好奇心を共有出来れば嬉しく思います・・・それではごゆっくりお過ごしください・・・

*

「 対米従属 」 一覧

トランプのアメリカファースト追随で対米従属の自民党は「戦後敗戦処理政権」から脱皮し三島由紀夫精神に立ち返るべきである!

安倍晋三首相は「働き方改革」「高等教育無償化」「子育て支援の充実」「経済状況の好 …

日米安保条約や日米地位協定は幕末の不平等条約同様な日本の国辱である!

幕末の不平等条約は明治新政府の懸命な努力と国民の臥薪嘗胆の上に築かれた国力の充実 …

安倍自民党のトランプ大統領一辺倒の政策は世界的には独自性があり戦略的で誇るべきものなのか?

自主独立の精神を欠きアメリカ帝国内での安寧ファーストで対米従属最優先の朝貢的な差 …

トランプ大統領向けアメリカファーストの属国状況を抜け出すための日本の国家戦略!

桜をみる会の私物化疑惑や、かつてのモリカケ疑惑や延々と相次ぐ閣僚、議員の失言暴言 …