アメリカ,中国,ドイツ,オスマンの帝国性の本質とその統治構造の研究!

ご訪問ありがとうございます。このブログではトランプ時代を迎えた世界の緊迫した情勢を「帝国」をキーワードに取り上げて様々な角度から分析しつつ、アメリカがアメリカファーストに走る状況下での戦後日本の総決算を筆頭に中国、中東、欧州の戦略の在り方を検討しようと試みております。このブログを通じて世界情勢や歴史に関する問題意識や知的好奇心を共有出来れば嬉しく思います・・・それではごゆっくりお過ごしください・・・

*

「 国民国家 」 一覧

西洋の衝撃にさらされたオスマン帝国=イスラム世界秩序の崩壊過程を検証する!

大統領再選に向けて余念の無いトランプ大統領は、バイデン氏潰しの一貫で動く中で、逆 …

西洋の衝撃としての西欧の帝国主義列強によるアジア,アフリカ植民地支配の正当化と法律体系の検証!

歴史のある段階までは、「近代化とはすなわち西欧化である」、という極端に偏った見解 …

辛亥革命後の植民地化の脅威の中での中華民国,国民党の帝国的秩序再建と中華大一統維持の失敗要因の検討!

辛亥革命後にイギリスを筆頭とする植民地帝国の進出の中で脅威に晒されながらのヨチヨ …

ウェストファリア型の国民国家の概念とトランプ大統領のバノン主義=アメリカファースト路線による理念型国家アメリカ改編!

トランプ以前のアメリカでは、どちらかというと理想主義的、脱国民国家的、あるいは普 …

西洋の衝撃への対処の失敗がオスマン帝国崩壊=イスラム世界秩序解体に直結した!

オスマン帝国における近代化の動きは、帝国の根底を揺るがす徹底的過ぎる改革だったと …