儒家正統

広告
中華大一統の本質!

皇帝から中国共産党を貫く支配正統性の証となる大一統,天下思想,儒家正統の解明!

辛亥革命以前に中華天下を支配してきた諸王朝が、その支配の正統性を調達し、その存立基盤として必要不可欠となっていた根拠を構成する要素について検討していく過程で、中華天下を「帝国」として支配するための根拠となる主たる構成要素として浮かび上がって...
中華大一統の本質!

中華帝国大一統の原理を魏晋南北朝時代の混乱収束から解明!

中華帝国が始皇帝以来大一統を維持してきた必須要素としての大一統の4要件を金観濤の説を取り入れながら解明しつつ、大一統の典型的な例外であった魏晋南北朝時代の状況を分析して、大一統の本質的な要素とは何かを検証してまいります。 中...
中華大一統の本質!

中国共産党統治が崩壊したら魏晋南北朝時代の再現にまで至るのか?!

大一統崩壊期の魏晋南北朝時代の統治構造の分析することで、秦・始皇帝の天下統一以来の中華領域における統一国家としての王朝の特徴は、基本的に「大一統」を実現しているか、少なくとも「大一統」を目指していたが、なかでも実際に「大一統」を実現していた...
大清帝国の究極的理想!

漢族領域・儒教文化圏を超えた清朝極盛期の最大版図を統治する軍機処!

儒教文化圏を超えた清朝極盛期の版図を統治する軍機処の役割についてですが、軍機処の後継として大国の中で新型コロナ感染拡大を最初に抑え込んだ事例として、都市封鎖=ロックダウンや外出禁止など各国からモデルにされつつある中国の体制は、市民から遊離し...
西洋の衝撃と帝国の崩壊!

西洋の衝撃到来前のイスラム世界秩序と中東文明の成り立ちの分析!

西洋の衝撃以前のイスラム世界秩序と中東文明の成り立ちの分析という観点から、西洋の衝撃に晒される以前のイスラム世界秩序や中東地域に根差した古代からの文明的な特質をイスラム以前の段階より分析し、ヨーロッパ文明とイスラム文明の根本的な相違やイスラ...
広告
タイトルとURLをコピーしました