X

モンゴル

清朝極盛期の万里の長城による異民族管理の再評価!

清朝極盛期の万里の長城による異民族管理を検討する観点から、地政学的にも歴史的にもかけ離れているはずのトランプ大統領がメキシコ国境に建設しようとしている壁と大清帝国時代の万里の長城の位置づけが、実は本質的に信じられないほど酷似しているという深層を、モンゴル、新疆、チベット等の藩部へ拡大した中華版図を理…

清朝極盛期=乾隆帝のチベット,新疆への版図拡大とその正統性!

アメリカとの新冷戦に突入した習近平が、中国の基本的な戦略構想として邁進している「一帯一路」という方針は、かつて清朝極盛期に乾隆帝が推進したチベット、新疆への征服・侵略活動と酷似したほぼ延長線上にある政策、と認識していますが、ここではそのような乾隆帝のオリジナルな「第一次一帯一路戦略」としての清朝極盛…

儒教文化圏を超えた清朝極盛期の版図を統治する軍機処の役割!

儒教文化圏を超えた清朝極盛期の版図を統治する軍機処の役割についてですが、軍機処の後継として大国の中で新型コロナ感染拡大を最初に抑え込んだ事例として、都市封鎖=ロックダウンや外出禁止など各国からモデルにされつつある中国の体制は、市民から遊離した暴政でもない効率的な存在なのかもしれません。 一時期はウィ…

新皇帝習近平は康煕雍正乾隆時代の完璧な中華帝国支配を目指す!

新皇帝習近平は康煕雍正乾隆時代の完璧な中華帝国支配を目指すという観点から、自らの任期を撤廃し、あたかも中華皇帝の後継者のような立場となった習近平にとっての理想的なモデルとして、現在までその版図が維持されている康熙帝、雍正帝、乾隆帝時代の清朝極盛期の征服活動に関して検討していきます。 この時の侵略・征…

辛亥革命後の中華民族概念構築と中華国民国家への変容の検証!

辛亥革命後の中華民族概念構築と中華国民国家への変容の検証と言う観点から、孫文による辛亥革命の意義をただ単に大清帝国の皇帝支配体制からの政治的脱却のみの視点だけでなく、漢族以外の少数民族も包含する中華民族概念の構築と中華天下全域の西洋的な概念も踏まえた国民国家への変容に成功した大革命ととらえ、それらの…