アメリカ,中国,ドイツ,オスマンの帝国性の本質とその統治構造の研究!

ご訪問ありがとうございます。このブログではトランプ時代を迎えた世界の緊迫した情勢を「帝国」をキーワードに取り上げて様々な角度から分析しつつ、アメリカがアメリカファーストに走る状況下での戦後日本の総決算を筆頭に中国、中東、欧州の戦略の在り方を検討しようと試みております。このブログを通じて世界情勢や歴史に関する問題意識や知的好奇心を共有出来れば嬉しく思います・・・それではごゆっくりお過ごしください・・・

*

「 グローバリズム 」 一覧

帝国の定義と現在の国際情勢における帝国的存在の状況について!

ここでは、本ブログで中心的概念として取り扱う「帝国」の定義を明確化するとともに、 …

トランプのメキシコ国境壁建設、米中貿易戦争、アメリカファースト路線はバノン主義の体現である!

トランプ大統領は、今や政権を揺るがすかに観えるウクライナ疑惑も含めて、次々に暴露 …

ウェストファリア型の国民国家の概念とトランプ大統領のバノン主義=アメリカファースト路線による理念型国家アメリカ改編!

トランプ以前のアメリカでは、どちらかというと理想主義的、脱国民国家的、あるいは普 …