X

アメリカ

西洋の衝撃としての西欧によるアジア,アフリカの植民地化を国民帝国概念で解明!

「帝国」に関する諸類型のうち、西欧列強のアジア・アフリカに対する侵略と植民地支配の主体となった「国民帝国」について、西欧における国民国家の成立から西欧内部への民主的先進的な規範と西欧外部への暴力的で圧政的な規範のダブルスタンダードを基調とするウェスタン・システム及びその中核を形成したメカニズムや「国…

戦後日本の朝貢外交的なアメリカへの従属一辺倒の関係を分析する!

戦後日本の朝貢国的なアメリカへの従属関係を分析する観点から、一見愛国的な安倍政権の背後に横たわる対米従属、朝貢外交的な姿勢の淵源とその害悪について検討していきます。 トランプ大統領ほどではありませんが、日本の安倍首相もこれまでの政権であれば確実に退陣に追い込まれそうな疑惑やスキャンダルにまみれながら…

アメリカをウェストファリア型国民国家に変容させようとするトランプ革命!

アメリカをウェストファリア型国民国家に変容させるトランプ路線と言う観点から、近代の国民国家を規定するウェストファリア体制の枠組みを再確認しながら、トランプ大統領が推進するバノン主義=アメリカファーストの影響で、これまでは単なる国民国家というよりも理想主義的、脱国民国家的、あるいは普遍的な価値観をベー…

帝国の基本的な概念や定義と現在の国際情勢における帝国の歴史的状況!

帝国の基本的な概念や定義と現在の国際情勢における帝国的存在の状況についてとりあげたいと思いますが、ここでは本ブログで中心的概念として取り扱う「帝国」の基本的な概念や定義を明確化しながら、言葉としてはよく使われるものの実際の意味が非常に曖昧になってしまっている「帝国とは具体的にどういうものか?」につい…

対米従属の自民党政権は「戦後」を脱却し三島由紀夫に学べ!

対米従属の自民党政権は「戦後体質」から三島由紀夫精神に回帰せよ、と言うわけで、戦後敗戦処理政権として発足した自民党政権も、そろそろ長過ぎる占領の残滓を一掃して真の独立を断行すべきでしょう。 安倍晋三首相は「働き方改革」「高等教育無償化」「子育て支援の充実」「経済状況の好転?!」「完全雇用に向けた前向…

トランプ政権のメキシコ国境壁建設,米中貿易戦争,アメリカファースト路線はバノン主義である!

新型コロナに直撃され、今や世界最大の感染者、犠牲者を抱える展開となってしまったアメリカですが、これまでの戦後の国際的な危機では必ず果たしてきたリーダーシップを全く果たそうとせず、当にモンロー主義的な閉鎖的孤立主義を貫き通すようです。 これは、トランプ的には選挙公約通りであり、バノン流のアメリカファー…

西洋の衝撃で崩壊したイスラム的世界秩序の基本構造の検討!

西洋の衝撃で崩壊したイスラム的世界秩序の基本構造の検討という観点から、西洋の衝撃を受けて崩壊したとされるオスマン帝国が立脚していたイスラム的世界秩序について、イスラムの基本構造から分析し、近接するキリスト教との関連やイスラム世界における国際関係や民族と国家の関係の考え方なども視野に入れつつ検討してい…