アメリカ,中国,ドイツ,オスマンの帝国性の本質とその統治構造の研究!

ご訪問ありがとうございます。このブログではトランプ時代を迎えた世界の緊迫した情勢を「帝国」をキーワードに取り上げて様々な角度から分析しつつ、アメリカがアメリカファーストに走る状況下での戦後日本の総決算を筆頭に中国、中東、欧州の戦略の在り方を検討しようと試みております。このブログを通じて世界情勢や歴史に関する問題意識や知的好奇心を共有出来れば嬉しく思います・・・それではごゆっくりお過ごしください・・・

*

「 アメリカ 」 一覧

西洋の衝撃で動揺するイスラム的世界秩序をイスラムの基本構造の視点から考察する!

西洋の衝撃を受けて崩壊した、とされるオスマン帝国が立脚していたイスラム的世界秩序 …

帝国の定義と現在の国際情勢における帝国的存在の状況について!

ここでは、本ブログで中心的概念として取り扱う「帝国」の定義を明確化するとともに、 …

トランプのアメリカファースト追随で対米従属の自民党は「戦後敗戦処理政権」から脱皮し三島由紀夫精神に立ち返るべきである!

安倍晋三首相は「働き方改革」「高等教育無償化」「子育て支援の充実」「経済状況の好 …

トランプのメキシコ国境壁建設、米中貿易戦争、アメリカファースト路線はバノン主義の体現である!

トランプ大統領は、今や政権を揺るがすかに観えるウクライナ疑惑も含めて、次々に暴露 …

西洋の衝撃=西欧によるアジア,アフリカへの侵略と植民地化の進行を帝国主義=国民帝国の論理から解明!

「帝国」に関する諸類型のうち、西欧における国民国家の成立から西欧内部への民主的先 …

トランプ大統領向けアメリカファーストの属国状況を抜け出すための日本の国家戦略!

桜をみる会の私物化疑惑や、かつてのモリカケ疑惑や延々と相次ぐ閣僚、議員の失言暴言 …

ウェストファリア型の国民国家の概念とトランプ大統領のバノン主義=アメリカファースト路線による理念型国家アメリカ改編!

トランプ以前のアメリカでは、どちらかというと理想主義的、脱国民国家的、あるいは普 …