帝国支配の本質とその統治構造!

トランプ時代を迎えた世界の緊迫した情勢を帝国をキーワードに把握し、世界及び日本の在り方を包括的に検討し、アメリカがアメリカファーストに走る状況下での日本、中国、中東、欧州の対応を構想する。 

*

西洋の衝撃で崩壊したオスマン帝国のようなイスラム世界秩序をトランプ政権は再建可能か?

トランプ政権は、エルサレム首都承認をいち早く宣言する中で、中東情勢混迷の淵源たる …

毛沢東が国共内戦で蒋介石に勝利した中国の社会主義革命開始時点の課題の解明!

毛沢東が、国共内戦で蒋介石に勝利した時点で「中国における社会主義革命」で直面した …

日本再建のための必須条件としての愛国的真正保守路線の検討!

自主独立,アメリカ帝国内での安寧,対米従属,ドンシン関係からの自立のための日本に …

西欧によるアジア,アフリカへの侵略と植民地化の進行を帝国主義=国民帝国の論理から解明!

「帝国」に関する諸類型のうち、西欧における国民国家の成立から西欧内部と西欧外部の …

孫文,蒋介石,国民党政府が目指した中国の近代化,国民国家建設,中華大一統,帝国的秩序再建の行方!

辛亥革命後に成立した中華民国の国民党政府が一貫して目指していた近代化,国民国家建 …

対米従属を基盤とする戦後体制永続の要因は徳川幕藩体制的な居心地の良さにある!

森友、加計などの学園スキャンダルや相次ぐ閣僚、議員の失言暴言の嵐の中でも、野党の …

トランプのアメリカファースト路線と毛沢東の文化大革命路線の類似性の検討!

トランプ大統領の理想主義的なアメリカファースト路線の延長線上にある、毛沢東による …

毛沢東が文化大革命を断行した目的は中華王朝崩壊時の農民大反乱のエネルギーを活用した国家大改革再現である!

毛沢東が完成しつつあった人民中国の国家体制を文化大革命で根底から覆し、劉少奇や鄧 …

ヒトラーに熱狂するドイツ国民が世界大戦を二度も引き起こして世界制覇に挑戦した経緯を探る!

1.プロイセン=ドイツ第二帝国の世界制覇への挑戦  1)プロイセンの台頭とドイツ …

天安門事件に至る国内状況及び鄧小平体制の支持基盤の解明!

天安門事件に至るまでに行われた鄧小平指導部の改革やそれに対する国内各層の反応、及 …

辛亥革命後の中国の近代国家建設における皇帝専制,儒教正統に替わる支配正統性調達原理!

中国における近代化の特殊性や中国と日本、ドイツの近代化過程の比較及び中国における …

トランプ大統領のアメリカファースト路線は理念型国家アメリカをウェストファリア型の普通の国民国家に再編する!

トランプ以前のアメリカの脱国民国家的で普遍的な価値観をベースとするグローバリズム …

トランプ大統領による西側体制の混乱と敵対行動でメルケルのドイツはロシア、中国に走るのか? 

2017年9月の選挙では、大方の予想に反して極右反移民のポピュリスト政党AFD( …

中華帝国伝統の支配正統性の根拠である大一統,天下思想,儒家正統の解明!

中華世界を支配する王朝が、その支配正当性を調達し、中華世界を「帝国」として統治す …

トランプの移民難民関連の大統領令が目指す理想は大義覚迷録で雍正帝が表明した異民族統治政策である!

トランプ大統領の移民政策は、アメリカの国論を分断し混乱を助長しつつも、アメリカフ …