帝国支配の本質とその統治構造!

トランプ時代を迎えた世界の緊迫した情勢を帝国をキーワードに把握し、世界及び日本の在り方を包括的に検討し、アメリカがアメリカファーストに走る状況下での日本、中国、中東、欧州の対応を構想する。 

*

習近平の野望は文化大革命期の毛沢東個人崇拝実現と中華帝国皇帝の座にある!

遂に国家主席の任期撤廃という禁じ手を放った習近平は、文化大革命で毛沢東が目指した …

皇帝を目指す習近平の理想は清朝極盛期の乾隆帝のチベット,新疆征服と完璧な帝国統治の再現である!

新しく中国の事実上の皇帝となった習近平が目指すモデルで、ヒトラーやナポレオンの侵 …

習近平の皇帝の座は清朝の軍機処の現代版である中国共産党中央政治局常務委員会が保証する!

習近平は遂に2018年3月5日に開催された全国人民代表大会で国家主席の任期撤廃を …

西欧の帝国主義列強によるアジア,アフリカ植民地支配の理念と法律体系の検証!

西欧と非西欧を峻別する矛盾に満ち満ちた国民帝国の理念や法体系を検討する。 1.「 …

孫文,蒋介石らの国民党政府による中華大一統と帝国的秩序再建が挫折したのは何故か!

辛亥革命後のウェスタン・システムの脅威の中での中華民国,国民党政権による帝国的秩 …

西洋の衝撃で崩壊したイスラム世界秩序と中東文明の分析からトランプ政権が直面する中東問題の本質を解明!

トランプ大統領が初の外遊先に選び、その解決に意欲を燃やす中東問題の本質を、イスラ …

中国の伝統的な帝国支配構造、賢人政治と近代以降の国民党、共産党統治の同一性!

孫文による辛亥革命を起源に持ち、「以党治国」を掲げてエリートによる一党独裁体制を …

鄧小平,中国共産党が,なぜ天安門事件で民主化運動を武力弾圧しなければならなかったのかを解明!

天安門事件での民主化デモへの武力弾圧を経ても「安定」した支配を継続する中国共産党 …

天安門事件=体制転覆の危機で表面化した鄧小平,中国共産党の独裁,強権支配の本質!

天安門事件という体制の危機に直面して鄧小平自ら側近の胡耀邦、趙紫陽らの「改革開放 …

辛亥革命以降の中国での近代国民国家建設の特殊性が中華民国,国民党政府の最大の試練となった!

中国における辛亥革命以降の近代的な国民国家建設の特殊性が、中華民国・国民党政府に …

トランプ大統領が強調する不法移民流入制限の根拠は魏晋南北朝時代の中国の混乱が証明する!

トランプ大統領は移民制限を行い、移民の無秩序な流入が国家崩壊の根源的理由との立場 …

台湾の民進党,蔡英文総統の民主的な統治の成功は中国共産党の恐怖政治の必然性を否定する!

中華世界における全般的な民主化のモデルにもなりうる「台湾の民主化」の奇跡について …

中国の近代化は辛亥革命以前の清帝国の世俗化,皇帝の天命喪失に由来する!!

清朝末期に天命思想、天下主義を基調とする大清帝国の枠組みが解体され、中国が近代的 …

日本再生の条件は憲法改正ではなく日米安保条約=日米地位協定の改訂による対米自立にある!

幕末の不平等条約は明治新政府の懸命な努力と国民の臥薪嘗胆の上に築かれた国力の充実 …

台湾の民主主義体制は、中国共産党一党独裁体制にとり北朝鮮金正恩体制より危険である!

「中華民族の国家」として史上初めて民主化した台湾が帝国的な一党独裁の支配体制を継 …